引越しトラック 大きさ 道幅

引越しトラックの大きさと道幅

引越し トラック 道幅

 

引越し業者が持っているトラックには大きさがいろいろあります。

 

費用ももちろん異なりますが、物件の立地によって使用できるトラックの大きさが変わります。
トラックを駐車して引越し作業を行うためには、作業する物件の前面道路の幅が重要です。

 

日本の道路は狭くてトラックを物件前に駐車できないところも多いので、トラックをどこに停められるかは非常に大きな問題です。
物件から遠いとそれだけ作業に時間がかかって、引越し費用も高くなってしまいます。

 

大手の引越し業者がもつトラックと、必要な全面道路の幅は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには全面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックには全面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには全面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには全面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車
高さが7〜8階まで対応可能ですが、全面道路4m以上が必要

 

荷物が多ければ大きなトラックを用意しますが、全面道路の幅が狭くて近くに停める場所がない時は大きなトラックを使用することができません。
そのときは小さなトラック数台での作業になることもあります。